Bartonの日記+c

Bartonの日記のはてなブログ版。とりあえず書いてみるw

去年の年末から思っていたことがあるので書き留めておこう。


ウィルコムとセガはGoogle先生が買い取ればいいのに、と。


そんなことを思った。
というのが、両方ともやっていることはそこそこすごいのに、商売下手で経営危機になってばかりだ。
ウィルコムだと今回始める予定だったXGP、上り回線が20Mbps(理論値)なのにどういったシーンで使ったらいいのかわからない、という件を聞いたことがある。
けど、これをGoogle先生が買い取ったら、何か、うーん例えばリアルタイムGoogleストリートビューに活かすとか。
何かそういう風に何か活かせる方向性をすげえぇ!! っていうものを出してくれるような気がするんだが。
セガに関しても作っているゲームすげえ、カードゲームで市場を開拓したぜぇ、といっていたら後発に追いつかれてぐんにょり、となっていたわけで。
この二社に共通するのが「開拓力」「発想力」「実現力」は強いんだよなあ。
けどいかんせん、資金が続かない、商売が下手で他の後発メーカーに取られてしまう、ということが多々。
それを考えたら、資金力・発想力が無限大とまでは行かないにしても強大なGoogle傘下でやりたい放題やったらすごいものが出来るような気がするんだけどなあ。
産業再生機構に任せるより、そっちの方が面白い、と思うんだけどなあw
とりとめも無いメモなので、日記ブースに書き留めとくw


最近見ていて面白いのがフジテレビの「まっすぐな男」。
いやあ、まっすぐでいいなあ。
正しいことが必ずしも正解ではない、と思ったりなんかするんだけど、あの真摯さは見ていて結構好きだ。
見ていて眩しいぜ。


で、ヒロインのあの無茶苦茶な女、さっさと(ry
これほどまでひどいヒロインはないな。
エロゲで言うと、下級生2のたまき級だろ。
最悪って言うレベルを通り越しているだろ、常識的に考えて。
激悪っていう表現でも足りないわ。
モデルの依頼として中華料理を散々おごらせたあげく(主人公の自費)、撮影会場に向かうための会社のタクシーチケット使ってさぼって伊豆まで往復するって、って………まともな社会人のすることじゃあないし。
母親の遺品の件で泣いて見せているけど、もうね、アホか馬鹿か、と。
主人公、さっさとあの小物屋のおねーちゃんとくっついて、あの無茶苦茶な女人生破滅エンドでいいよ。
見ていていらつくし。
あれでくっついたり、ハッピーエンドになったら社会的に良くないだろ。
ハケンの品格並みに。
で、馬鹿なスイーツ(笑)があんな風に男を振り回す女が魅力的、ひどいことをしても付いてくる彼氏がいい、とか書いた記事が溢れて勘違いしてまたはた迷惑なことするんだぜ。
勘弁してくれよ。
素直でかわいい女がいいに決まっているだろ、常識的に考えて。


だけどこういう意見が脚本家に送られたら、ヒロインが少しいい人ぶる内容になるからなw
この後伊豆へ行ったのは母親の墓参り、なんていう安っぽいシナリオだったら、脚本家は才能なさ過ぎ。
もうさっさとヒロイン破滅エンド、主人公グッドエンドでいいよw
俺はそれを期待して見ているw


扁桃腺、一晩経って落ち着いてきた模様。
やはりルルが効くなあ。