Bartonの日記+c

Bartonの日記のはてなブログ版。とりあえず書いてみるw

20160221 さのまるお誕生日イベント ~ご当地グルキャラ天国~へ行ってきました その2 俺はまだグンマを抜け出せない

bartonnikki.hatenablog.jp

高崎に着いた俺は、取り敢えず駅構内をうろうろしてみる。
あ、ぐんまちゃんショップ発見!!

明らかにぐんまちゃんオンリーショップであるw
開店前なので外観だけ。

高崎駅壁画。

上信電鉄の方に行くと、立ち食いそば屋さんが。
食べたいが、後1時間余りでグルキャラだし……無念。

こんな所にもぐんまちゃん。

白達磨。

赤達磨。

駅弁屋さん。
何か雰囲気があってよい。
駅弁の発祥は宇都宮なんだが、それを発展させたのは群馬という説もある。

群馬の名物駅弁の一つ、だるま弁当。
相変わらず仕事を選ばないキティちゃん……w


取り敢えず、高崎駅で判ったこと。

・群馬の人は達磨・ぐんまちゃん・SLが好きなこと
・駅弁はだるま弁当と峠の釜めしがおすすめ
・キティちゃんは相変わらず仕事を選ばないw

群馬駅のNewDays
入り口入ってすぐにぐんまちゃん……

そして、店内にはぐんまちゃんスタンプガチャが。
せっかくだから、回してみようぜぇ!!


うむ……この路線の数はまるで北関東のトレダー分岐点だな。
さて、これから両毛線に乗って、佐野に向かうか。

関東地方のペンギンカードを購入。

何かテーブル付きの普通列車ですよ!!
懐かしい……最近では山陽本線でもなかなか縁が無い。

順調に進んでいるはず……だったのだが、小俣にて停電のため、信号が使えないので桐生まで折り返し運転に。
ちょっと……JR東……また整備費けちってんじゃねーの。
山手線で電柱が倒れたように。
取り敢えず、折り返し運転に乗って東武鉄道に乗り換えるため、伊勢崎まで戻る。

伊勢崎。
名前は何度か聞いたことがある。
さて、ここから東武鉄道に乗って館林まで出て、そこから佐野線にて佐野に向かわないと行けないのだが、次の時刻は……

おいおい……約30分待ちかよ……。
しかし、それを逃したら1時間後か……ここは地の果て流されて俺、かよ…。
特急で行った方が早いのか、普通で館林まで出た方が早いのか駅員さんに聞いてみると、普通の方が早いらしい。
路線バスの旅よろしくバスでとも考えたが、あの番組でも小山-佐野-足利のルートでかなり困難だったことを考えると、無難に東武鉄道を待つ方が正しいだろう。
取り敢えず、駅前に出てみるか……。
んっ? あれは……

グンマーに本社を持つベイシアグループ。
ホームセンターのカインズホーム、作業服・安全靴などの販売を行っているワークマン、コンビニセーブオン……その一角があるということは、ここはグンマーであることを否が応でも認識させられる。

とにかく行ってみようぜ。
何だ、この張り紙は……?!

とにかく入ってみようぜぇ!!

……違和感がないのは、何故なんだぜ……?w

何だ、この食べ物は……?

焼きたてメロンパンにアイスを挟む……どうしてそういう発想に至ったのが判らないのだが…。


とにかく食べてみようぜ!!
上から食べるぞ、(下に漏らさないように)気をつけろ!!

……何だ、この旨さは……!!


冷え冷えのアイスとぬくぬくのメロンパンを同時に口の中に入れて咀嚼することによって産まれる甘いハーモニー!!
これは禁断の組み合わせ……!!
これは……できたてメロンパンと旨いアイスを組み合わせないと出来ない組み合わせだ。
すばらしい。
このアイスがどこの物かは判らないが、群馬産ならそれはそれですごいな。
群馬と言えば、世界に4カ所しかないハーゲンダッツの工場の一つ、日本での工場があるわけで。
群馬はアイスを作るのに適した地域でもあるんだろうなあ。
おそらく水と牛乳と、それを運ぶ交通網に恵まれているんだと思う。

お前はまだグンマを知らない 3 (BUNCH COMICS)

お前はまだグンマを知らない 3 (BUNCH COMICS)


そろそろ時間が来たので、東武に乗る事に。
駅前がすごくきれいになっていて、道路事情がいいんだよなあ…。

……いつも思うんだが、こういう東武のポスターを見ると、「ああ、東武鉄道に乗るんだなあ……w」と実感せざるをえないw

姫宮ななさんと鬼怒川みやびさん東武鉄道好きだからw
俺は「東の東武、西の京阪」だと思っているw



佐野に向かう前に 言っておくッ! おれは今 グンマーを ほんのちょっぴりだが 体験した

い…いや… 体験したというよりは まったく想像を 超えていたのだが……

あ、ありのまま今まで起こったことを言うぜ……

佐野に観光に行く予定だったのが、何故かグンマーを満喫してしまっていた……

メロンパンの認識がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか超スピードだとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと旨いものの片鱗を 味わったぜ…


伊勢崎から約1時間ほど普通電車に揺られて館林へ。
相変わらず平野の風景も見飽きたので、スマフォとかいじりながらだらだらと。
そこからいつものごとく佐野線にて佐野まで。

(To be Continued)→