Bartonの日記+c

Bartonの日記のはてなブログ版。とりあえず書いてみるw

愛媛県知事が禁煙の病室でたばこ吸う 反省している

禁煙の病室で知事がたばこ 「気の弱さ」反省、愛媛(Yahoo!)

 愛煙家の知事は「全館禁煙の認識はあったが、灰皿があったから…。気の弱さかもしれません」と釈明。

つーか、普通病室で煙草吸うか?
しかも全館禁煙だぞ?
認識していたんだろ?!
なんて情けない大人なんでしょうねえ!!
こんなルールを守れない大人がいるから!!

と若者っぽくキレてみるw
いや、もう若者じゃあないんだがw
だが実際、病院とか、禁煙の場所で煙草を吸うのはどうか、と。
俺は食事処ですら、吸ってくれるな、飯がまずくなる、と思っているのだが。
基本的にマナー守って吸っている人は、特にかまわんのだが。

で、この内容の突っ込み処は、人間ドックに入っておきながら、

「これを機にたばこをやめてはどうか」と突っ込まれ「私に禁煙しろというのは極論すれば死ねということ。人に迷惑を掛けないように吸いたい」と答えた。

もうアホかバカか、と。
こんな人でも知事が勤まるのか、と言うのが愛媛の一番悲惨極まりない状況なのかもしれない。


あ、もっとポジティブに考えよう!!
この知事は教師なんだよ!!
すごい優れた教師なんです!!
どんな教師かって、反面教師


だけど実際こんな最悪な大人を見ていると、ホント思う。
「もっとまともに生きよう」
と。
いや、もう実際社会人という身分になって、それなりの責任を負う立場となった今、何かつくづくそう思う。
もういい年になってきたわけだし、次世代の為の世作りをしなければならない、と。
そんな責任はない、なんてことはない。
一つの社会に所属し、自分もその社会を構成している一員である以上、自らも責任を負わなければならない、と。
そんなことを思う今日この頃。