Bartonの日記+c

Bartonの日記のはてなブログ版。とりあえず書いてみるw

『社員が燃える新日本的経営』集団の力と個の力を結びつけろ! 対談:常盤文克×西岡郁夫(NB online)

燃やされて、灰になってしまいました。
カドルトを使わないと無理でしょう。

ささやき いのり えいしょう

Lost

従業員給与はここ数年で24万円ダウン、役員給与は1400万円アップという数値がある。役員だけが無闇にやる気に満ちていて、従業員が元気がないのは当たり前だろう。元気が無いというより、むしろ役員たちのやり口に愛想が尽きている。今、会社が成功しても役員の給与は上がるが自分の給与には関係ない。仕事に熱意と興味が出るだろうか?それを給与以外で何とかしようと言うが、誰も乗ってこないのではないだろうか?まずは役員が社員の信用を取り戻すことが先であろう。信用というのは崩れるのはあっという間だが、築くのには長い長い時間がかかる。小手先でごまかそうと思えば思うほど泥沼にはまるだろう。みんな、裏づけの無い言葉には踊らないと思う。役員は、会社が苦しいという理屈なら、自分たちの報酬も社員と歩調をそろえるべきであった。

このコメントが全てを表しているな。
株主対策優先で、労働者の給与を削ることに必死となる。
そんな人を誰が信用しようか。