Bartonの日記+c

Bartonの日記のはてなブログ版。とりあえず書いてみるw

第8回 小さなことでも「一番」を目指せば人は変わる(SAFTY JAPAN)

そうかあ、何でも一番になれば気合いが付いてかわるのかあ。
よし、じゃあ決めた。
怠け者の一番を目指すぞ!!(←※絶対違うと思われ
よーし、がんばるぞ!!

閑話休題。

当時の社員は、どうにも覇気のない連中ばかりでした。なんだか魚の腐ったような目をしている。自分に誇りが持てていない証拠です。誇りがなければ良質の仕事もできるはずはない。どうしたものかとわたしは頭を抱え、一時は本気でやる気のない社員を解雇することも考えました。しかし、その直前で「待てよ」と思い直したのです。

 覇気のない社員を解雇したところで、代わりに優秀な人材が入社してくれるとは限らない。しょせんは田舎の中小企業だ。どうあっても社長のわたしより優秀な社員は入ってこないのだ。とすると、社長のわたし自身が落ちこぼれである以上、社員を入れ替えたところで状況は改善されないに違いない。ならば、今いる人材を鍛え直すのが最善だろう。

 わたしは、社員に誇りを持たせるにはどうしたらいいか、死んだ魚の目を「タカの目」に変えるにはどうしたらいいか考えました。そこで「どんな小さなことでもいいから一番になろう」と決めました。

本当にこういうことを考えてくれる経営者ばかりだといいんだけどねえ………。