Bartonの日記+c

Bartonの日記のはてなブログ版。とりあえず書いてみるw

労働基準法違反を許すな!(livedoor news)

 証拠を残さないようにするため、タイムカードがない会社さえも存在する。定時になり、残業する必要がないに関わらず、上司が「帰るのか?」という目で威嚇し、残業しなければならない雰囲気が漂い、それが苦で退職を余儀なく選択する者も少なくない。

あー、思い当たる節がいくつかw

 そしてもう一つ大きな問題は、「残業=評価」である。毎日遅くまで残っている労働者は「頑張っている」と評価され、定時で退社する労働者は「仕事にやる気がない」と評価が低い。基準を勘違いしている会社役員も少なくない。会社とは、人材に生産性を求める必要があるのではないだろうか?法定時間内にいかにスピーディーに仕事を進め、計画と目的を持ち、プライベートとのメリハリをつける。これが本来の理想の形であるはずだ。やむを得ずの場合は仕方がないが、「夜やればいい」と、本来定められている時間内はダラダラと仕事をしている役員さえも見受けられる。

いやあ、まったくだ。
本当に必要があって遅くなったりするのは、それはもちろんやろう。
納期直前とか、増産、トラブル対応などでやらなければならないのならば、もちろん残業だって厭わない。
だが、平時でもむやみやたらに意味もなく残業、というのはどうか、と。