Bartonの日記+c

Bartonの日記のはてなブログ版。とりあえず書いてみるw

ウィルコム、W-SIM対応のシンプル端末「nico.(ニコ)」を発表(IT media)

ウィルコム、W-SIM対応のシンプルな音声PHS端末「nico.」(ケータイWatch)
ああ、夏モデルキターーーー!!

なんか俺みたいなハイスペック&PC連携バリバリ、フルブラウザが乗ってねーとヤダヤダヤダヤダ他にもいっぱい欲しい人間とは対局の人が使う端末w

で、どうよ、と言われたら、


「いいんじゃない?」


今回からはE-mail対応だし、まあ実質TTの後継のような扱いだし。
通話・メール定額の登竜門として手にしてもらうには、デザインが大人から子どもまで楽しめそうか、と。
最初見た瞬間、

テレビのリモコン+iPod+おもちゃっぽく?


思わず、「何このかわいいテレビのリモコン」w


papipo!より、こっちの方が俺は好きかも。
子供に持たせるんだったら、こっちの方が性別・年齢関係なく持たせられるし。


ただなあ………ウィルコムストアで販売価格を見たら、ライバルがWX300Kとなるわけで。
向こうは完全な電話機だしねえ。
フルブラウザ装備、PCモデム機能搭載、カメラあり、しかも4x対応に化けてしまったし、何つーか、「最高の汎用機」?
今日帰りの列車で隣のお姉ちゃんが使ってたよw
それを考えると…………本当にありがとうござ(ry にならないとも言えなくもないけど、TTが完売した、という前例もあるし、


昨日の開発機といい、サプライズアタック多いなあw
だがそれがいい。

ソフィア、W-SIM対応端末の開発プラットフォームを製品化(IT media)

Sandgate WPの評価端末は、CPUにIntel XPA270(416MHz)、64Mバイトのメモリ、128MバイトのフラッシュROM、Linux Kernel 2.6.15ベースのOSを採用し、130万画素CCDカメラ、2.2インチQVGA液晶、USB(mini Bコネクタ)、miniSDスロット、赤外線、BluetoothW-SIMスロット、JTAG・Serial・LANなどのデバッグ用ボード、ハードウェア追加のための拡張ポートなどを備える。本体サイズは145×48×22ミリ、重量110グラム。

これと対をなすような機体だw
ちなみに俺はこっちを実験機材ベースでもいいから欲しいw
開発するわけじゃあないんだが、これで使えれば、動けばいいじゃん、人柱上等、と。


夏モデルは、まだもう一機種出るっぽいし、多分それが本命だと思うけど。
ウィルコムストアのフラッシュを見ていると、もう一機種出てくる気配。
ふぇちゅいん氏も何かそれっぽいこと言っておられるようだし。


ポップでシンプルなケータイが欲しかった――開発担当者に聞く「nico.」(IT media)

「親が子どもに携帯を買い与えるにあたって心配するのは、たいてい2つの理由です。1つは、無制限につかって電話代が高くなりすぎないかということ。そしてもう1つは、出会い系などの有害なサイトにアクセスしないかというもの。でもウィルコムは音声定額で使えるし、nico.はWebブラウザがないので、有害なサイトへアクセスのしようがない(笑)」(堀田氏)

なるほど!!
確かにブラウザレスだと、そんな心配は要らないなあ。
で、取り敢えずメール放題で、メールが使えれば問題ないわけで。
んで、web閲覧もしないから、web中着信も気にしなくていい、と。
まさにコロンブスの卵だな。

で、5000台から始められるのだったら、確かにちょっとこんな端末が欲しい、というのに参戦可能だなあ。
何か鮭、色々出て面白いことになりそうかもw
例えばどこかの企業がカスタムで10000台発注して、鮭を使う、と。


関連記事:
“ウィルコムだけ”を積み上げて堅調な成長を目指す──ウィルコム(IT media)

W-ZERO3はプロダクト(製品)側が先に出てしまって、ネットワークへのセキュアなアクセスという部分の訴求が遅れていました。本来は法人向けモバイルソリューションの中での端末なわけですが、今はW-ZERO3だけがフォーカスされてしまっている。ですから、簡単にイントラネットにアクセスするためのツールが必要で、これをアプリケーション込みで今夏までに提供していきます。ここからやらないと、(W-ZERO3の)企業での大規模導入は始まらないと考えています」(喜久川氏)

うーん、いわゆるZERO3をシンクライアントライクにしたVPNアプリケーションサーバ事業かな。
何かそんな感じっぽい事業のような気が。


取り敢えず、今日はこんなところで。
おやすみなさい。