Bartonの日記+c

Bartonの日記のはてなブログ版。とりあえず書いてみるw

東名高速、午後にも全面開通(iza)

 地震で路肩が約40メートルにわたり崩落した静岡県牧之原市東名高速道路上り線の現場では、15日午前も復旧工事が続いた。中日本高速道路によると、同日午前7時現在で約8割の工程が終了。お盆のUターンラッシュがピークを迎える中、15日午後にも、通行止めの上り線袋井−焼津インターチェンジ間が全面開通する見通し。

無事開通しましたね。
夕ご飯時にバンキシャ!見ていて、よかったなあ、と。
このホント盆という一番日本人が休んでいるときに、暑い中一生懸命復旧に力を注いでくれたことに心より感謝。
改めて思うけど、高速道路や鉄道、空路に船路、こういった社会的インフラに支えられて今の日本経済は成り立っているわけで。
そしてこういった緊急時にきちんと仕事をしてくれる人がいてくれるから、こんな短期間で元に戻ったわけで。
俺たちの食料、通販アイテム、PCのパーツやエロゲwなどもこういった物流によって支えられているからなあ。
感謝感謝。

 下り線は13日午前0時に開通したが、上り線は「予想以上に地盤が緩い上、地中に岩があり鋼板を打ち込むのが難しい」(中日本高速道路)ため工法を変更。通行止め解除は当初予定の13日から2日間ずれ込んだ。

まあ最初聞いたときには「13日なんて早すぎだろう……何でそんなに早く復旧できるんだよ……」と思っていたが、安全を考えていろいろ変えて15日でも十分早いわ。
関係者の皆さん、お疲れ様でした。


しかし、無料化したらこういった場合のメンテナンス費とかどうなるんだろうね。
ある意味、ある程度の利益があって、そこからこういった非常時における予算があるから、いろいろ手配もしやすいわけで。
それを考えると、なんでも無料化無料化、というのは俺は間違っている気がしないでもないんだが。


関連記事:
良かったことは良かったと言いたい世の中にしたい(サラリーマンレポートさん)

東名高速の復旧工事が努力目標・希望的観測ともとれる予定からは遅れたとは言えアノ惨状からはとても想像できない速さで完了する見通しとのこと。

高速道路だけに工事も高速なのか、この真夏に現場で奮闘している関係者の努力の賜物と正直に感謝したいと思います。

無論、安全を確保し、万全の対策が講じられてのことと理解しております。



マスコミや評論家諸氏に何かと難癖をつけられ、標的となってきた道路関係者に対して、今回の対応については素直な評価をすべきかと思います。