Bartonの日記+c

Bartonの日記のはてなブログ版。とりあえず書いてみるw

日本的経営が社畜を生んだ理由(Rails で行こう!さん)

一見、日本人ボスのいうことは、経営者にとっては理想的にも見える。ただ問題なのは、「経営者の立場に身をおく」というのが、単なる精神論に終わってしまう可能性が高いという点だ。そもそも、組織のヒエラルキーの下の人間には、組織全体を俯瞰できるような情報が与えられていない。その中で「経営者のように行動しろ」と言われれば、無限の長時間労働を以て応えるしかないのではないか。

また、地位の低い社員たちは、報酬が少ないのに、報酬の高い経営者と同等に働けということ自体に無理がある。終身雇用・年功序列制度では、若いころは仕事はきついが給料は安く、中高年になって仕事が楽になるにも関わらず給料が高いという形で従業員を報いる。もし終身雇用制度が崩れたら、若い人たちが重労働する動機がなくなってしまうのではないか。

まあ経営者にとって都合よかったからね。
不景気が続き、労働者がいくらでも代わりがいる、といってサービス残業(実態は無報酬労働)を要求していたのも事実。
今まで会社がほぼ一生の半分以上を面倒見てくれた。
(社宅、家族主義等)
けどそれがなくて、以前と、もしくは以前以上の労力を求める、となると、誰が納得いくだろうか。