Bartonの日記+c

Bartonの日記のはてなブログ版。とりあえず書いてみるw

スマートフォンでパソコンの逆襲が始まる(IT Pro)

 日本の携帯電話機を考えてみると,QWERTYキーボードの搭載を除けば,既に大半の製品が“スマートフォン”化している。日本の携帯電話機は多くのアプリケーションが動くプラットフォームとなっているし,ハードウエアの高性能・高機能化も進んでいる。例えばディスプレイは携帯機器としての制限はあるものの十分大型化している。むしろ日本の「携帯世代」はQWERTYキーボードでメールを打つより,携帯電話の親指入力でメールを打つ方が速い。これを優れた予測変換機能が後押しする。既に日本には携帯電話の姿をした“スマートフォン”が市場を席捲しているのだ。

QWERTYキーボードがない以外、PIMとかブラウザ、Java等搭載して親指で色々出来るしね。
後は、アプリサーバの対応とかかな。
ただあれで長文打つのは無理だと思うナリよ。
そういった意味での何らかの対応が出来れば、ビジネスの方法も変わってくると思うのだが。


アキバに行列200人――「Advanced/W-ZERO3[es]」店頭予約開始(IT media)


なんか今回はワクワクしないんだよなあ。
端末の出来がいいのは理解しているんだが。
何でだろう。
何か[es]で「出来ること」の限界を見ちゃったかなあ、と。
確かに通常の音声端末に比べて高性能なのは認める。
けど、何というかなあ………「だから?」という感じなのよねえ。
外でWord、EXCELが見られる、PDFが見られる(これはポイント高い)が……その運用環境って? となると、何をしていいのか判らない。
メディアプレイヤーとポケギコ、PCモデム機能しか使っていない、という現状を考えてみると、このモバガジェットって? と。
片手操作が基本の京ぽんシリーズや携帯を使った方が、両手を塞がらないのでありがたい。
Word、EXCELの編集が必要な場合にはPCを持ち歩いているからThinkPadを開いた方が大画面で確認・編集できる。
確かに起動に時間はかかるだろう。
だが場所が取れる場合の方が圧倒的に多いんじゃあないかな、と。
それか、工人舎「KOHJINSHA SH6」シリーズ を使うかなあ。

工人舎 SHシリーズHDD40GB WinVistaHomeBasic 黒モデル SH6KB04A

工人舎 SHシリーズHDD40GB WinVistaHomeBasic 黒モデル SH6KB04A


ちょっと俺の中でこれが揺さぶりをかけられているw
だって、タッチパネルのA5ノートなんだぜ?
これでゼロスピンドル出来たら、もうそれだけでちょっと。
まあこれはライフスタイルによるから、何とも言えないが。
もっとも、夏・冬コミュニケ−ションw等の際には、EXCELで作成した攻略マップが役に立つのはいうまでもないw
後は、RSSリーダーはサイト更新の人には役に立つかな。
そんなわけで、私は今回は見送り、かな。
余程血迷わない限り。
(夏の暑さが人を血迷わせることは多々あるけどなw)
というか、住民税で死亡フラグ立ちました。
賞与? なにそれ?
もうだめぽ


どうしても発売初日にGETしたいじゃないですか〜! 乗り遅れ組のAdvanced/W-ZERO3 [es]獲得法(デジタルARENA)