Bartonの日記+c

Bartonの日記のはてなブログ版。とりあえず書いてみるw

“オタクの祭典”コミケ開幕 巨大市場支える純粋さ(iza)

うーん、純粋といえば純粋かもw
特に欲望w
まああの雰囲気は行ったことがある人でないと判らない。
あの
「人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人」
「行列行列行列行列行列行列行列行列行列行列行列行列行列行列行列行列」
そんな中、いつも常連の大手がいる。


トイレ


やつはいつも常連の大手だ。
手強い。
いや、マジで。


大手の行列に並ぶのもいいけど、島中サークルで「おおうっ!! これはっ!!」という本に巡り会ったときのあの胸のときめき!!
あの自分の頭にあった「同じ感覚」を共有した瞬間!!
それがすべて、な訳で。

あー何かあの感覚が懐かしくって、行きたくなってきたーw

 コミケは関係機関も特別態勢でのぞむ。会場の東京ビッグサイトでは、期間中1日で最大20万人の人出を予想。禁止されている徹夜で開場を待つ来場者が後を絶たないため、20人の職員が泊まり込みという異例の対応に当たる。

だから、徹夜はやめよーっテバテバ。
スタッフにも迷惑かかるし、周辺で事故が起きたらそれこそ存続に関わるんだってば。

 日本のアニメや漫画が海外でヒットしていることを受け、目立つのが外国人の来場者だ。アイエシイ・トラベル(東京)のロサンゼルス支店では、3年前からツアーを企画。主催者側も英語、ドイツ語、中国語に堪能なスタッフをそろえ、会場に「国際部デスク」を設けて応対している。

そこまで国際化したのか…………時代は変わったものだ………


コミケに子連れはアウトか(コウイチブログ)
あの過酷な環境に子供を一緒に連れて行くのは、確実に危ない。
内容云々、というより、あの人の多さだけで、大の大人でもものすごく疲労するというのに、それより体力に劣る子供が………
本当にコミケを経験している人なら判るはずだ。


関連記事:
コミケ70:ウサ耳とネコ耳キャラがまんたん訪問 @ゲームズをPR(毎日新聞)
わざわざ髪染めなくても………