Bartonの日記+c

Bartonの日記のはてなブログ版。とりあえず書いてみるw

【ファンキー通信】「戦争が起こっても、戦いません!」が世界一の日本(libvedorr news)

……………orz
平和主義どころか、これじゃあ馬鹿の集まりだorz
よく馬鹿なマスゴミが「歴史から学ぼう」なんて傲慢なことをいうことがあるが、本当に学ぶ気があるのなら、現実を直視すべきだ。
すぐ隣りと言ってもいいほどの国が何の連絡もなしにミサイル発射実験を行ったり、原子力潜水艦で領海内をうろうろしたり。

よく「第二次世界大戦はヒトラーのような奴が起こした。平和主義があれば、そんなことはない」とかいっているが、もうね、アホか馬鹿か、と。
私は言っておこう。


「平和主義が第二次世界大戦を起こした」


ドイツは国際連盟から脱退した。
そしてラインラント進駐。
それに対して国際連盟は何を行ったか。
平和的解決と言うことで対話、ラインラントからの撤兵を要求した。
が、撤兵しなかった。
何も実力行使されなかったからだ。
そして、ポーランド侵攻、フランス侵攻を行うこととなる。

なにはともあれ、戦争のないピースフルな日本であるように、これからも祈るばかりだ。

祈るだけで平和がくるなら、既に地球上どこでもすでに平和になっているわ!!
「平和憲法があるから日本は攻められない」等というトンデモ発想の人がいるけど、それなら戦争準備に一生懸命の国に行って、平和憲法を制定するよう広めてくれ。
そんなことすらもできぬ腰抜けどもに、戦争だの平和だの語る資格はない。


そして、やはりこの著を挙げておかねばなるまい。
よく戦争の悲惨さ、と言う人がいるけど、現在進行中の悲惨さには何も言わないのな。

中国はいかにチベットを侵略したか

中国はいかにチベットを侵略したか

この現実をきちんと受け止めなければならない。

中国は日本を併合する

中国は日本を併合する

ODAを散々受け取っておいて、核兵器を開発していたのはどこの国だ。
そしてその射程はどこに合わせてある。
その現実を直視しなくてはならない。
治にいて乱を忘れず。


関連記事:
中国の動き牽制 小泉首相、森氏に続きモンゴル訪問へ(iza)[防衛白書]日本周辺の安全保障環境厳しくなった(livedoor news)